変形性股関節症

2020年5月14日 交通事故, 治療

症状と原因

中年以降の女性に多く、股関節の変形を起こしてる疾患です。

特に赤ちゃんの頃に股関節脱臼を起こした方に多く現れます。

赤ちゃんの時に股関節脱臼を起こすと、さまざまな装具をつけて治すのですが、中高年になると変形性の股関節脱臼の症状が現れてしまうのです。

こうなると足を引きずって歩くことになってしまいます。この変形性股関節症とは、股関節の軟骨がすり減って変形が起こってしまうのです。

 

治療法

①高周波グローブ

周波数の高い電気でインナーマッスルをゆるめ、可動域を大きくします。

 

②減量

股関節には体重が非常にかかりますので、体重を制限することは重要なことです。

 

③整体

仙腸関節を中心に矯正をすると痛みスーッとなくなる事があります。

当院は姿勢矯正治療に強い接骨院です。

磐田市で姿勢でお悩みの方は、今すぐご予約・お問い合わせください。

 

☎0538-39-2220